グリザリアの果実

今回もエロゲ記事です。はい、グリザリアの果実。

忠臣蔵とかグリザリアのように名前は知ってるけど、やったことはないタイトルをこれからもドンドンしていきたいと思います。

迷宮とかはまだプレイしてないので、後日またやりたいと思います。


社会人の一人暮らしって家いても何もすることないんですよね。

なので、何もすることないオタクの皆さんは僕のブログでオススメしてる作品でもプレイしてみて下さい。

f:id:p4seasonq:20170616001607j:plain

数あるゲームの中でも、本作をやろうと思った理由としては

1.アニメ化していて存在を知っていたから

2.批評空間で評価が良かったから

3.夏野こおりが出ていたから

4.同社から発売している「ISLAND」にドハマリしたから

以上です。

最近は全く聞くことの出来ない夏野こおりボイスは、やはり最高すぎて最高って感じでした。

では、早速いつもの箇条書きへ。



良いところ

・ストーリーがよい

共通はさして盛り上がるシーンはなく長めではあったが、その日常シーンを読ませるのには十分なテキストだった。

また、個別では天音ルートが非常に面白かった。主人公はたいした活躍してないけど、一姫が非常に魅力的だった。

他にもみちるルートも彼女なりの葛藤があり、なかなか驚かされた。

しかし、個別は全体的に暗いテイストなので苦手な方は少し注意。

特別面白いというイチオシポイントは天音の過去話以外にはありませんが、共通と個別でのギャップがなく、日常を飽きることなく読めたことが最後までできた理由なのだと思います。

・みちるの産毛

綺麗なものしか集まらない2次元で、あえてリアル思考に。

これはマンゲとかにも言えると思うですけど、あえてリアルにされるとめっちゃ興奮します。

だから僕はムダ毛処理の話好きなんです。

・天音がいい女すぎる

ヌイグルミにマンゲ入れるの最高すぎる。天音のマンゲ食みたい。

公式サイトの3サイズではやはり細く書かれているが、テキストでの設定では少しお肉がついているらしい。最高。

あと夏野こおりの関西弁がなかなか良い。生粋の大阪人の僕からしたら少しイントネーションが気になるが、かと言って聞いていてイライラするほど下手でもないので可愛い。

なんというか、関西弁キャラっぽくないけど地元が関西だから関西弁を話すキャラって可愛く見えちゃいます。そりゃ地元同じってだけで合コンとかでも盛り上がりますわ。

キモオタクなので合コンしたことないですけどね。

 

悪いところ

・いいところで上げた天音ルートの一姫が良すぎて、主人公が飲み込まれているように感じました。主人公の見せ場も一姫に比べると全く印象に残らないし、狂ったおっさんも微妙。狂ったおっさんに関してだけは、別に悪くはないけど過去回想が面白すぎました。

 ・由美子、天音ルート以外インパクトが薄い

由美子ルートも締めがあっけなく「え、今までの強敵をそんなサラっと?」って感じでしたが、全体通すと嫌いではありませんでした。

他のキャラたちもそれぞれ抱えてる部分を掘り下げる話でしたが、僕的にはインパクトにかけました。


 

 そういえば、みなさん。

天音との初えっちのときのマンゲの処理のくだりが最高に大好きだってオタクいますか?

エロゲなのに、いやエロゲだからこそ""安全日""なのか""危険日""なのかについて言及する。

そして、実際にするしないに関わらず、とりあえずゴムくんも実はしっかり存在している世界なんですよと描写する。

マンゲの他にも、この二つをテキストに混ぜこませると、素晴らしくえっちさを醸し出せると信じて疑わないオタクなので、めっちゃ良かったです。

それとエロゲヒロインの利点として、僕は""性教育が施されている"'点だと考えています。

なので、エロゲにいる天然で性行為とはなんぞや?というタイプのキャラには全く魅力を感じません。

その点、天音やマキナのキャラ的に知ってても不自然ではないキャラはもちろん由美子やみちる、幸までしっかり知っているのはしきっこポイント高いです。

 

この意見に賛成できるオタクがいたなら、あなたとはうまい酒が飲めるかも知れませんね。

 

由美子が以外にBLとか俗に言うラノベ的なのまで読んでるのも個人的に良かったです。


全部で三作。これらをすべてプレイしたいと感じる程度には面白かったです。