読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最高2014】役割破壊ガルガブニンフ【s14使用構築】

お久しぶりです、しきっこです。

昨シーズンは燃え尽き症候群的なのでほとんど潜らずに飽きたなぁと思っていたのですが、シーズン終了前後の名物「おつ!レート〇〇達成使用構築!」等のツイートリプリツイートがあまりにも悔しくてムカついたため、即今シーズン復帰しました。
 
 
今回の使用したパーティーはこちら。
f:id:p4seasonq:20160311164351g:imagef:id:p4seasonq:20160311164401g:imagef:id:p4seasonq:20160311164422g:image   f:id:p4seasonq:20160311164537g:image f:id:p4seasonq:20160311164614g:imagef:id:p4seasonq:20160311164551g:image
 
 
 
最初はガルガブクレセドランから組み始め様々な試行錯誤を行った結果、気づいたらこうなっていた。
 
 
【個別解説】
ガルーラ@メガ石
意地っ張り AS振り
グロパン、秘密、不意打ち、炎パン
 
DL対策は面倒なのでやっていない。
特にすることないかなぁと言った感じ。
秘密ガルは弱い弱いと思っていたが、最初に使い始めたクレセドランでドランの出せない時の鋼枠処理として出せるところを評価して採用。身代わりや猫も試したがグロパンが僕にはあっていた。
受け回しが弱く感じ、対面構築として組み直す時もグロ秘密の感触が良かったため、そのまま採用とした。
マンダの起点になるので氷技も欲しい場面はあるが切る技がないのでこの技構成に落ち着いた。
 
ガブリアス@スカーフ
意地っ張り AS振り
地震、逆鱗、エッジ、寝言
 
こちらもクレセドランから個体は変わらず。寝言はガルーラとゲンガーが対面してしまった時の引き先としてだったが、何かとその他の催眠対策も兼ねれたので良かった。
一時期スカガブは使わない時期があったが、結局大正義に戻ってきてしまう。
初手のスカガブはゴミなので気を付けよう!
 
図太い HB振り
電磁波、10万、草結び、めざ氷
 
最速ガッサ抜きにしようと思ってしてないポケモン。このポケモン以外で炎枠として多いアローバシャの対策の仕方がわからず負けまくったので採用。
パーティー単位でゲンガーがとても重いので電磁波で潰しに行く。
あまり出さないが、いないと心配になってしまうポケモンだった。
 
ニンフィア@ゴツメ
図太い h244 b252 あまりs(めざ地カゴ個体の流用)
ハイボ、眠る、瞑想、いびき
 
スイクンの代わりにゴツメ枠として採用したポケモン。そのせいで全体的に脆いパーティーになってしまったが、それ以上に置物スイクンを使うのがナンセンスであると考えた。結果として対面ミラーやガルと合わせて受けルキラーとして出した。
他にも害悪構築(ボルトゴーリ、レパガッサ)も一匹で相手できるので、スイクンよりも圧倒的に対応範囲が広かった。
ゴツメでも役に立つシーンはあったが、すぐに起きれたら!ってシーンもあったので好みの範囲ではないかと思います。
 
ゲンガー@メガ石
臆病 CS振り
催眠、祟り目、ヘド爆、道連れ
 
最近はすっかりメジャーになった催眠ゲンガー。このポケモンを使うにあたって、催眠を採用しない理由が見つかりません。ニンフを入れることでガルの受け先がいないので、意地でも1:1以上で処理することを考える。
 
意地っ張り h171調整 Aぶっぱ b<d(ダウンロード対策) 残りsをメガ前最速ガルーラ抜き
(配分忘れたので調整だけ)
ブレバ、フレドラ、鬼火、蜻蛉
 
HAアローのメジャーな調整から少し耐久をsへ回した。
こいつは構築の最後に入ってきたポケモンで、スイクンを抜いたとでバシャを呼ぶことや重いゲンガーにブレバを叩き込めるため採用した。
最近見ないこともあり普通にアローで掃除できるパーティーも多少見かけた。
鬼火は寝言との選択だが、ゲンガーには意味をなさないのでニンフィアの物理受けの補助やゲンガーの祟り目のケアとして鬼火を採用。
ポリクチ系統に初手で出しやすく、鬼火を見せることで相手に型の判別を困難にさせることが可能である。
それで実際に勝てたことがあるので鬼火でよかったと思います。
 
 
  【選出パターン】
基本選出
ゲンガー+2

大まかにこの二つしかない。どっちのメガを出すか決め、その後取り巻きと初手を決める。ガルーラの時はガブやアローで役割破壊のように、ゲンガーの時はスカガブケアや祟り目ケアでニンフやボルトを組ませる場合が多い。メガを出さないと若干のパワー不足感は否めないが、対面性能を重視して組んだのでかなり柔軟な選出をすることが可能だと感じた。

対受けル
ゲンガルニンフ
初手にゲンガーを投げて、バンギをグロパン圏内まで適当に弱らせる。そして死に出しからガルーラを出す。基本的にこれだけで勝てます。ニンフでも詰めれるのでガルーラは多少雑に使っても良かったです。その際、ナットムドーはガルーラで必ず処理してください。縮小ラッキーはガル以外無理です。ヌオーも諦めて下さい。

対害悪
ガルーラニンフ+アローorゲンガー
ピクシーがいる時や、ガルゲンがいる時で出し分けます。こればかりは運が絡みますが並程度の運なら結構勝てます。

【感想】
しっかりメタってはいたが、構築単位ではマンダ軸がキツかった。
カバ展開、ガルクレセ(猫持ちガルーラ)がキツすぎる。
襷ゲンガーは絶対無理。ギルガルドも無理。
他は受けルや害悪(害悪は少し負けたが)、ポリクチにはほぼ無敗なので上手くメタれたと感じた。
構想段階では全てに勝てると思っていたがアローがガルドにキンシで透かされたり、猫ガルへの引き先がなかったりで戦う度に無理な構築が出てきて、何とか無理やりして20にのっけれただけでそれ以上は行ける気がせず、構築の完成度が低くショックだった。