読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千の刃濤、桃花染の皇姫

f:id:p4seasonq:20161023015749p:plain

どうも、しきっこです。

今回はオーガストからでた千の刃濤、桃花染の皇姫の感想を書きたいと思います。

いつもまじめに書いてますが、今回のレビューはプレイと並行で書いていたのでまじめ度8割り増しくらいです。

 

 

では、まず千桃の僕の評価は79点とさせていただきます。

一応、下記の良いところを加点しています。さらに、僕個人の好みとして""敵対組織と戦うストーリー設定""であるというところも加点してます。

 

敵対組織があれば、簡単に話の盛り上がりと日常とのメリハリを付けることができる上に主人公の見せ場も明快で気持ちいいから好きです。

では、良い点から書きます。

 

・良かった点

①声とCGがいい

声は遥そら、小鳥居夕花目当てでプレイし始めましたが、他の声優もよくて満足でした。また、爆発や銃の発泡、刀で切った時の太刀筋等のエフェクトも綺麗で凝っており、立ち絵と文字だけの戦闘でもなかなか良かったです。プレイ中に「ん?」となって耳を澄ませて気づいたんですけど、チョイ役に桐谷華もいたので良かったです。

CGも美麗で、特に立ち絵の表情が素晴らしくてかわいく惹かれるものがありました。

立ち絵に惹かれるものは珍しく、普通の話でも表情を見るのが楽しかったです。

特に本作の立ち絵やイベCGの「> <」って表情が死ぬほど可愛いので必見です。

②朱璃ルートや古杜音ルートは面白かったところ。

特に朱璃の話は長く、作りも他のルートと比べてしっかりしているように感じました。次点で古杜音ルートが。ギリギリですが、エルザも納得の終わりという感じですかね。

③おまけが充実しているところ。

余談として小話があって面白かったです。

 

・悪いところ

①朱璃の「皇国民のため」という動機付けが薄いところ。

宗仁と出会った当初の「小此木を射ち、自分も死ぬ」と言い張っていたところも僕は「自己満足した上で逃げるだけ」ではないかと思い感情が乗りませんでした。しかし、気持ちを入れ替えた後からの朱璃は終始「皇国の国民のために」と口にします。が、共和国側から虐げられたりしている描写が全くないため読み手の僕側からすれば「そうなんだ」としか感じませんでした。もっと圧政で苦しめられている描写があればわかるのですが、主人公たちも呑気に学校に通っていたりバイトをしたり、アイドルをしていたりと朱璃の主張を読み手に納得させるだけの材料がなかったです。

 

②全体的にご都合主義が過ぎるところ。

物語をハッピーエンドへ向かわせるために紆余曲折様々な伏線を回収し、なるべく自然に着地させるべきであるのに対し、今作はあまりにも真っ直ぐな道を走り壁にぶつかり挫折することなく、ぶつかったかと思えばすぐさま壁をザクザク登って超えていっていたように感じました。

 


少しネタバレを含むので、気になる方はブラウザバックしクリア後に見るか素早くスクロールしてください。

一つ目はややネタバレ、もう一つ間隔を開けてかなりのネタバレを書きますので、あまり気にならない方は一つ目のみで素早くスクロール。

プレイ後に読みにきた方のみ二つ目も読んでみてください。

 

 

 

 

 

では、書きます。

 

 

 

 

滸と槙が刻庵会長を救出するべきかどうかの口論のところや、その後の「忍び込んで暗殺するなんて強盗と一緒。武人がやることじゃない」という滸の発言には少々納得がいきませんでした。

もちろん物語を考えれば強い会長を救うのも、暗殺せず堂々と最後のフィナーレに向けて倒すのも当たり前ですが、現実的に考えて”しまえば”ご都合主義を織り込まないと、このような発想は出てきませんよね。

まず会長を救うかの是非。これは物語性をとるならば滸の意見に賛成ですが、現実問題として槙も言っている通り拷問等で五体満足でというのはありえないでしょう

暗殺の件も主人公がラスボスをいきなり暗殺なんてしたら☆1レビューをしないといけませんが、かといってこちらもリアルに考えればそのような悠長なこと言ってられません。

 

 

 

 

間隔を開けます。

 

 

 

 

 

かなりのネタバレを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古杜音が神頼みの祈りだけで原初の呪術を発動させ、敵を倒すってのは少し興醒めしてしまいました。

 

なんか、こう……他になかったのか!?となりました。

 

 

他にもいくつかあり納得しなければなりせんが、どこか喉に小骨でも引っかかような気持ちになりながらプレイしていました。

 

 

 

2つめ飛ばす人のために少し開けます。、

 

 

 

 

 

 

 

②朱璃以外の個別ルートが短く薄いところ。

滸のルートを終わらせたときに「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わられ、リアルに「は?」と言ってしまったのは僕だけではないはず。

エルザルートにしてもおまけ程度の長さで分岐後エッチしてサラッと終わってしまいした。

サブキャラの個別ルートではないのだから、しっかりメインヒロインに相応しい重厚感が欲しかったです。

③千波矢とえっちできないところ。

最初「どっかで聞いたいい声……」 と耳をすませてみると桐谷華だったのですが、なぜかえっちできませんでした。こちらに好意を抱いているのにえっちできないの無能すぎでは!?

誰かひとりクリアするとサブキャラとエッチできるのはいいのですが、そこまで配慮ができて何故できない!?

 

 

 

 

朱璃ルートの出来を他ヒロインでもしてくれていれば、80点出せましたが、滸ルートの終わりがあまりにも酷く出せませんでしたね。

他ルートでこの物語の設定とかぶん投げて終わらせているところも、朱璃ルートを終わってから振り返るとマイナスポイントです。

かなりつらつら書きましたが、おもしろかったのでプレイする方は朱璃・古杜音+好きなキャラで問題ないと思います。

【Shadowverse】masterランク到達 テンポエルフ&エイラビショップ 【シャドウバース】

どうも、しきっこです。

周りより遅れてしまいましたが、何とかmasterランクに到達することができましたので今回はAA2以降で駆け抜けた(一週間の間でそれぞれBP3000ずつの計6000ほど稼ぎました)ときに主に使用したデッキ二つを紹介したいと思います。

 

まず一つ目はエイラビショップです。

f:id:p4seasonq:20161023044454p:plain

特に変わったところはありません。

しいて言えばオーディンとオリヴィエが入っているところでしょうか。

動くは一般的な動かし方で構いません。

アグロ相手以外は全力でエイラを狙ってマリガンしてください。

疾走ビショ、アグロあたりはなくても勝てるので回復をしっかりしてください。

ウィッチ相手には極力何も出さずにしてお祈りしてください。

 

 

f:id:p4seasonq:20161023044839p:plain

使っていた時はポンポン勝てました。最高は画像の10連勝ですが、5連勝くらいはよくできるくらい安定してました。

 

 

 

 

次はテンポエルフの紹介をします。

f:id:p4seasonq:20161023045121p:plain

こちらも特に珍しいとこはありません。

個人的にオリヴィエの評価は高く、アグロやフェイス以外ならばどのデッキでも採用する価値があるカードだと思っています。

オリヴィエを入れたことにより序盤から中盤でも積極的に進化を使い盤面を取りに行けるようになっています。

また、風神を採用することでウィッチ等に対しリザを駆使し横に横に並べたのち、風神→風神orシンシアの二重バフで圧し潰すプランもできます。

単純に風神を先攻5ターン目で進化させるのが単純に強かったです。

細かいことは省きますが、基本的なマリガンは1コス2コスやエンシェントエルフ、後攻であればプリンセスメイジまで残し後は返します。

 

 

ざっと簡単に書きました。

何かあればTwitter @siki_tundere まで。

レート1800すら行けない方へアドバイス

f:id:p4seasonq:20161001161802j:image

ガルーラ使いましょう。

BALDR HEART

f:id:p4seasonq:20160923082808p:plain

どうも、しきっこです

今回は戯画から出ているBALDR HEARTの感想を簡単に書きたいと思います。

徹夜で最後までプレイした後に、これを書いているので誤字脱字等は許してください……。

なお僕は前シリーズ未プレイですが楽しめました。

 

まずBALDR HEARTの点数ですが83点といったところでしょうか。

 

良かったところ

①戦闘が思っていたよりしっかりしている

バルドシリーズはエロゲーですが結構ガッツリとアクションゲームの要素があります。そのアクション要素がおまけではなくしっかりしており最後まで飽きることなくプレイできました。

②歌がいい

KOTOKOの歌がかっこよくて盛り上がりました。最後らへんに流れて燃えます。

③各ヒロインのキャラがしっかりしている

どのヒロインもしっかり活躍してかわいいかったです。可愛さだけでなく戦闘面でも目立っていたのが良かったです。

④ルートが固定されている

一週目はAのバッドとグッド、二週目はBのバッドとグッドみたいにクリアするごとにキャラのルートが開拓されていたので悩む必要がなかったです。前ルートまで謎の伏線だったところが後のルートで判明することが多々ありますが、それが気持ちよかったです。

⑤凪がメインヒロインをしていた

僕は最初見たとき、パケとかの凪の立ち位置的にメインではないかなと思っていましたが、最後の一番長い物語の中核ともいえる彼女のルートではめっちゃメインヒロインしてました。

⑥茉緒とカンナ、妖精が可愛い

かわいい

 

悪かったところ

①同シリーズでは当たり前らしいのですが、別ルートをプレイする場合主人公の兵装の

レベルの関係上ルート分岐からロードするということができないところです。まぁ、そこまで苦ではなかったですが、ストーリーを楽しみたいのにアクションで疲れて進めれなかったりしました;;

②えっちシーンがシコれない

ストーリーが面白くてプレイしていたのでそこまでマイナスにはしていませんが、シコれるかシコれないかの二択なら断然前者のほうがいいのは当たり前ですよね

月詠が薄い

一番最初に攻略することになる月詠ですが、ルート攻略するごとに伏線を回収する性質上かなりキャラの見せ方としても個別ルートとしてみてもかなりサラッと終わりました。なのでヒロインのなかでは印象が薄いです。

 

 

一部ヒロイン紹介

f:id:p4seasonq:20160923085533j:plain

今作のメインヒロイン。

個別がダントツで長いです。最初のほうのルートではあまり出てこないのですが終盤はメインに相応しい活躍ぶりでした。

最初は影が薄い第三ヒロインくらいの印象ですが、メインとして出てくるとめっちゃ可愛かったです。最初は無愛想なのですが、ストーリーが進むにつれ表情が動くさまが描写されていくようになってよかったです。

f:id:p4seasonq:20160923090119j:plain

茉緒ちゃんはみんなのまとめ役でリーダーです。

僕はツンデレを愛しているのですが、それだけで好きになるほどチョロクはありません。彼女は最初はただの学生なのですが、戦いに巻き込まれる中兵士としての公式資格を取得するのですが、その取得するにあたっての訓練の時や戦闘の時などの時には主人公と上官として接し、ツンとデレのメリハリがいい感じだったように感じました。

あと制服のおっぱいの膨らみのライン、けっこう好きです。

 

 

f:id:p4seasonq:20160923091740p:plain

カンナ。

このキャラはサブキャラ的な位置で中盤のルートから登場するのですが、若干予想外な感じで出てくるのでギャップがあってよかったです。

しかも最初のルートでは姿を見せる前にあっさり殺されてしまうので、「ぜってぇ守ってやる」と毎回ほかのルートを始めるときに誓ってました

全体的な見た目や声、キャラが好きなのでイチオシです。

気持ち程度ですがえっちシーンあったのも評価ポイント。

 

 

f:id:p4seasonq:20160923092137p:plain

妖精ちゃん。

この子はヒロインではないですがアホの子で序盤からずっとお気に入りです。

声も好き。

 

使用構築

ガル ガブ ボルト スイクン アロー ゲン

 

最速ASガル 猫 不意 捨て身 レイビ

意地鉢ガブ 逆鱗 地震 ダブチョ エッジ

hAs珠アロー ブレバ フレドラ 剣舞 羽

HBスイクン 熱湯 リフ 毒 眠る

HBボルト 電磁波 10万 巧み 氷

メガゲン 鬼火 祟り 道連れ ヘド爆

 

環境にあってるっぽい鉢ガブを対面ミラーで押し付け有利交換

猫不意レイビで制圧しつつマンダ等ケア

残りカスをアローでシメ

 

珠アローつよい

千恋*万花

f:id:p4seasonq:20160824035306j:plain

どうも、しきっこです。

今回はタイトルにもあります千恋*万花のレビュー的なのを書きたいと思います。

といっても、一回完成したときにブラウザが落ちて全消去くらって書き直してって感じで、今書いてるので簡単にだけ書きます。

本筋のネタバレは書きませんが、その他のキャラ設定やストーリー本筋以外の内容は多少書きますのであしからず。ゲームを楽しむには差支えない程度であると考えていますが、気になる方はブラウザバックして終わったら五億回くらいアクセスしてください。

※アダルトゲームのレビューのため、たまに不適切な表現があります。

 

まず僕個人の今作の評価は批評空間基準で78点くらいです。

良かったところ

1,CGがいい

毎回のことですが僕は萌え豚なので、こぶむりのイラストが好きなので満点です。

立ち絵やCGで表情がかなり変わるのも良き。

2,システムがつかいやすい

何年か前からあるマウスでオートとか設定して操作できるのはぶっちゃけあまり使いませんが、お気に入りボイスやフローチャートはありがたい。あと、地味に選択肢までスキップとかはないことがあるので高評価。ここも毎回良いので継続してほしいですね。

3,声とキャラがいい

ゆずは流行りの声優を使ってくれて、萌えゲー最大手なので100点満点です。

特に個人的に好きな遥そら、小鳥居夕花、桐谷華(名義は違いますが)が出ているのは見逃せません。ムラサメちゃんの人は初でしたが、キャラにフィットしていてよかったです。芦花姉にバブみを感じますね。

 

点が伸び悩んだのは上記のように、いつもゆずソフトのいいところレベルで終わったことです。それでも少し高めなのは3番が今作は良かったからです。

 

悪かったところ

1,いつも通りすぎた

先ほど述べたように、いつも通りのヒット作、良作どまりに落ち着いたところ。

2,全体的にエッチがノーマル気味

僕が射精して気を失ったりしていなければ、アナルプレイなかったですよね。僕は好きで期待していたので残念です。それ以外にもゆずといえばラブラブえっち+ややアブノーマルプレイがあって楽しめたのですが、今作はそれが少なく感じました。でも抜きました。

3,イベントCGの右下に邪魔なのがあること

消し方あったら教えてください(血涙)

4,芦花姉のえっちが三回だけだったところ

 

最後に僕のお気に入りの2人について少し書きます。

本編以外のストーリー部分に触れます。

 

常陸茉子

f:id:p4seasonq:20160824041605p:plain

僕は茉子に一目惚れしました。

黒髪、えっち、太もも、忍び装束、cv小鳥居夕花。

こんなん惚れるなってほうが無理ですね。個別ルートでは終始処女感120%で良さみが深まりました。

口癖の「あは」は”あ”と”は”をハッキリ発音せず、「ぁはぁ~」みたいな発音でかわいく、これには声優さんの演技に拍手ですね。「やーらしー」ってジト目で言ってくれる点も良き。

個別ルートでは「オナニーなんてするんじゃなかった!」って連呼するシーンが好きです^^

惜しむらくは3回目のエッチシーンのくっ殺えっちがすぐに終わってしまったところですね。僕はレイプモノがそこまで好きってわけではないのですが、和漢レイプは大好物なのです。それがすぐさま終わってしまって悲しかったです。

アフターの4回目のも太ももコキはナイスなのですが、欲を言えばセックスのCGではアングル変えてほしかったです。前戯のがある都合なんでしょうが残念です。(フェラのアングルは100点です)

 

芦花姉

f:id:p4seasonq:20160824044805j:plain

サブキャラの芦花姉。

僕はゆず作品は購入確定しているので、ネタバレとかしないように公式サイトをみていなかったのでストーリー進めて初めて見ました。泣きボクロが尊い……。

僕に姉はいませんが、思わず「おねぇちゃん……」と呟いてしまいました。

当たり前ですがサブキャラなのでいくら可愛くてもサブキャラです。メインキャラにはなれません。この手のかわいいサブキャラは攻略できないことが多々あります。そこで、僕は急いで攻略できるか調べました。

しかし、そこは天下のゆずソフトです。オタクのワガママなど百も承知と言わんばかりの攻略可でオタクの僕もにっこりです。

「どうせ、いい歳して処女ですよ。マンガ読んで想像してるだけの干物女ですよ」ってセリフにときめきました。年上で可愛いお姉ちゃんがこんなん言ってたら惚れるしかないでしょう。

茉子にも言えますが、僕は典型的なキモオタなので処女ビッチが大好物です。

えっちシーンは3つとも100点満点です。処女のお姉ちゃんにリードしてもらうのは全人類の希望です。何故3回だけなのか!

 

他にもいろいろ思うとこはありますが、疲れたので今回はこのへんに。