サクラノモリ†ドリーマーズ 無印&2

f:id:p4seasonq:20170903051506p:plain

どうも、しきっこです。

過去記事にてやるかもと言っていたサクラノモリドリーマーズ、やりました。

上の画像に2とあるように無印の続編です。

本作はホラーやらサスペンス、バイオレンス、スプラッターなジャンルです。

無印ではホラーより、2ではバイオレンス、スプラッターな感じが強かったです。

ネタバレなしで書くこともあんまりないので例のあれ書きます。

 

 

いいところ

・イラストがいい

めっちゃエッチかつ、かわいいイラストで文句なし。イベントCG,立ち絵ともに良き。

・シナリオがおもしろかった

やっぱ僕は敵やらなんやらがいて、ワチャワチャ戦いながら進む話が大好きなのでとてもよかったです。

・まどかが可愛すぎる

上画像の金髪の女の子がまどかなんですけど、死ぬほどかわいかったです。この子は主人公の幼馴染で、いままで僕は幼馴染に””負け属性”ってイメージがあって特別好きになったことはなかったのですが、まどかは別でした。めちゃくちゃかわいかったです。

個人的良かったとこ↓

2にロードバイクヒルクライムした後に野外するシーンあったんですけど、その帰りに「うぅ……サドルが濡れちゃいそう……ていうか、もう濡れてるよね、これ……」って会話があって最高すぎた。めっちゃ射精した。

 

 

悪いところ

・良くも悪くもまどかゲー

上の通りに良いところではあるんですけど、このゲームのストーリー自体まどかと主人公のための物語なので、ほかのヒロインは割と扱いひどいです。

僕はまどかLOVEなので気になりませんでしたが、すこしもったいなかったです。

・まどか編のおわりが少し悲しい

僕的には救済されてほしかったけど、まぁ仕方ないのかな。

 

 

基本的にエッチシーンがエッチだし、まどかと何回でもえっちできるのでよかったです。

【シングル】ゆずソフト新作構築の考察【最高レート4545】

f:id:p4seasonq:20170831052008p:plain

のーぶるわーくす(2010年 12月24日)

原画 こぶいち むりりん こもわた遙華
シナリオ Jさいろー 北川晴 天宮りつ

声 夏野こおり 五行なずな 真中海 青葉りんご 佐々露香

 

 

クリスマスイブにエロゲ買ってるの底辺限界オタクすぎへんか?

そんなことは置いといて、原画。

原画に関してはこぶむりコンビにこもわたSDで確定でしょう。

シナリオも天宮りつ確定、Jさいろーは天色サブ以降担当していないので確率は低いか。

声に関しては夏野こおり五行なずながワンチャンあるけど確率は低い。両人ともすきなので血の涙を流している。理由としては、それぞれ天色で出演が途切れているからである。

五行なずなの場合は別名義でやや例外だが、ゆずは同じ声優を何作か連続で起用することが多いため予想する楽しみがあります。

あと風音もさらに古い作品と天色で出てるけど、確率はさらに低いと予想。

 

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170831053420p:plain

ドラクリオット(2012年 3月20日 前作から約2年3か月)

原画 こぶいち むりりん こもわた遙華
シナリオ Jさいろー 姫ノ木あく 天宮りつ

声 鈴木恵莉央 夏野こおり 佐藤しずく 鮎川ひなた

 

このまま新作がさらにあと1年待たされたら、さすがに自殺してしまいますよね。早く出てほしいです。

原画、シナリオについてはのーぶるワークスと一緒の見解。

声については車の人がこれまでに比べれば有力だが、天色以降はずれたので、個人的にはないと思っている。

ちなみにめっちゃ射精した。

 

f:id:p4seasonq:20170831055627p:plain

天色アイルノーツ(2013年 7月26日 前作から1年4か月)

原画 こぶいち むりりん こもわた遙華
シナリオ 鏡遊 紺野アスタ 天宮りつ Jさいろー(サブ)

声 桐谷華 北見六花 登代田瀬良 夏野こおり

 

これはある意味問題作。

原画は略。

シナリオに紺野アスタを迎えた作品。夏ノ雨、ころげて、みあげてが大好きな僕は彼を推しているので、当時彼のシナリオには超絶期待していた。

しかし、ずっこけた。(シャーリィで死ぬほど抜きました)

青春部活ものしか書けないのだろうか……。

声に関しては完璧です。が、新作では桐谷華も少し怪しいのではないかとみています。

というのも、桐谷華も次の作品を合わせると4作目。そこまで出続けた人は夏野こおりくらいじゃないでしょうか?(全声優の名義把握してないので、もしかしたらほかの人がいるかも)

しかし、桐谷華の出演本数がやばかった2012~2014くらいまでに比べれば数は減ったものの、今もそこそこ作品に出演しているので、可能性としては全然あると思います。

 

f:id:p4seasonq:20170831062144p:plain

サノバウィッチ (2015年 2月27日 前作から1年7か月)

原画 こぶいち むりりん こもわた遙華
シナリオ 籐太 保住圭 天宮りつ 

声 遥そら 桐谷華 黒咲うさ 明科まなさ (小鳥居夕花)

 

シナリオは天宮りつ以外初。にしてはしっかりシナリオがあってよかった。

籐太はなかなか有力。

声に関しては小鳥居夕花が僕は新作センターヒロインを務めると考えている。

というのも、ぼくがだいだいだいすきだからである

今人気どころでメインヒロインとサブを演じた。となると、次は順当にセンターヒロインに選ばれるだろうという予想です。

遥そらも人気なので千恋でメインを経験したとはいえ、またヒロインの声を当てる確率は非常に高いと思っています。

f:id:p4seasonq:20170831063818p:plain

千恋万花(2016年 7月29日 前作から1年5か月)

原画 こぶいち むりりん 煎路 こもわた遙華
シナリオ 籐太 瀬尾順 天宮りつ

声 佐藤みかん 沢澤砂羽 小鳥居夕花 遥そら

 

声、五兆点。

原画のフリーランスの人は 新作にかかわるか不明。

シナリオはもしかすると二作連続ということもあって、籐太も務めるかもしれない。

 

 

 

 

以上の考察からわかったこと。

発売までだいたい1年と半年前後かかるということ。つまり、来年の1月か2月あたりが最有力候補。

原画やシナリオは上記の通り。

声はセンター小鳥居夕花で、遥そらまでは第一候補。

次に桐谷華があるかどうか。

 

新しい顔ぶれの希望 予想。

秋野花……出演数が多い。僕が好き。

しきっこ的10月発売オススメ・注目エロゲ

どうも、しきっこです。

前回の七月から三か月空いているのはミスではありません。

単純にあまり期待できそうなタイトルが見つからなかっただけです。

ただ、目をつけていなくても発売後におもしろかったらプレイして、ブログでもいつも通り感想とか書けたらなと思います。

 

では早速タイトル発表へ。

 

 

バルドブリンガー 期待度A

f:id:p4seasonq:20170829054119p:plain

戯画から発売されるバルドシリーズの最終作。

一番評価されているスカイは未プレイだがハートはクリア済み(ブログに感想あり)。

非常に面白かったので期待。

ただ”豪華イラストレーター陣11人による多彩なヒロイン”を売りにしているのはマイナスポイント。

ぶっちゃけソシャゲやないんやから絵柄が多いと画面内で喧嘩しちゃうし、そこそこ絵師知ってると思われる僕でも知ってる人は、スカイシリーズ担当でまよチキの担当でもあった菊池政治とハート担当の緋ノ丘シュウジしか知らない。

この二人でよくないか?とおもったのは内緒だ。

 

 

ノラと皇女と野良猫ハート2 期待度Sf:id:p4seasonq:20170829055519p:plain

今無印がアニメ化している作品。

僕はこの豪華声優陣とエッチな絵で発売後速攻プレイしました。

ちょっとした記事ではあるがブログに記事書きました。

つまり、めっちゃ期待しています。

といってもシナリオが特別いいわけではありませんがキャラの可愛さ、絵。

そして何より桐谷華、小鳥居夕花、遥そらの3トップ。KKH。

レアルのABC(アセンシオ・ベンゼマクリロナ)にも勝てんじゃない?

新しい追加キャラの声優さんは初ですが楽しみです。

 

 

 

暁の護衛〜罪深き終末論〜

しきっこです。

今回は簡単に書きたいと思います。

 

f:id:p4seasonq:20170821042519j:image

暁の護衛の続編にあたる作品。

前作のメインヒロインをサブに押しのけて、今回新たにメインとなった禁止区域の話はなかなか面白かったです。

 

他にも麗華が""尊がまだ見習いで不安だ"と言われた時に不快感を示したり、下の名前で呼ばれず気にしていると口にした時はキャラとして、そして尊との距離感に非常に好感を持てました。

僕は主人公以外のキャラ同士の距離感をとても大切にしたいオタクなので良かったです。

 あとマンゲへの言及は〇。

 

ただ、このライター特有の締めがゆるゆるですね。

 

個人的には本作と同じライター、イラストレーターが手がけたレミニセンスの設定の方が好きです。

 

景の海のアペイリア

どうも、しきっこです。

今回は前回の記事で取り上げた景の海のアペイリアのレビューです。

前回記事は下記リンクより。

 

 

4season.hatenablog.com

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170804190950j:image

 

本作は自我を持った人工知能を開発した主人公が危険なVRMMOにログインするというお話。

上記の記事にも書いた通り、僕はこの手の設定は大好物です。

では早速いいところと悪いところを書いていきたいと思います。

 

良いところ

・絵がいい

前からTwitterでフォローしていたいつい氏なので文句なし。

・ストーリーがいい

ここのメーカーをプレイするのは三作目だが、毎回満足させてくれるストーリーです。今回も非常にうまく構成されていたと感じました。

きれいに伏線回収しており、読んでいて疑問に感じる点はありませんでした。

また、敵とのバトルも面白かったです。

というのも、おそらく僕が読んでいた限りバカな行動をして””ご都合””に任せるだけの作戦や、足手まといなバカがおらず、戦闘をより緊張感のあるものになっていた。

中でも、シンカーという敵キャラは最後まで好感が持てました。

秋野花すこだ……w

アペイリア「不公平はネガティブです。アペイリアはオーナーと""おんなじ""がいいです」

このセリフの""おんなじ"'という言い回しに注目していただきたい。ある程度成熟した人間や機械であるAIならば""同じ(おなじ)""と言いますが、この一言の中にはアペイリアの自我や感情、そして年相応の幼い可愛さを凝縮されており最高。

ちなみに僕はロリコンではありません。

秋野花マジねもうす。

 

・えっちだ……w

毎回ここのメーカーはエッチシーンには力を入れているのだが、今回は少しポイントが違う。

もちろんエッチシーンはエッチなのだが、僕が最も評価したいところがHボイス。

と言っても、立体音響なわけではない。本作が素晴らしかった点は、主人公が思っていることなどを垂れ流す地の文やセリフの時に「あんっ……ん、はぁ……あんっ」と単調に流れるあの声だ。本作は普通のセリフと同じようなのが流れており、かなり複雑なセリフが流れる。3Pが何個かあり、その場合は一人の女の子のセリフが流れている時にもう一人の女の子のセリフも同時に流れる。僕はひどく感動してしまいました。(射精もしてしまいました。)

・主人公の能力が斬新かつおもしろい

主人公のMMO内での能力は「勃起・射精」なんですけど、これが予想以上におもしろかった。シリアスな場面や熱い戦闘シーンでも全く下ネタが気にならなかったです。

女性の方はわからないこともあるかもしれませんが、男性特有の生理現象をうまく活かしていると関心すらしました。

 

 

悪いところ

・ラストが弱い

終わり方には文句ないのですが、もっと長くしっかり終わらせたほうがよかったのでは?と感じた。ネタバレになるので深く内容については書きませんが、「ここからどうやって閉める?」とワクワクしながらオートで進めていたら、場面が切り替わった瞬間に平和な日常へと切り替わっていました。「いや、終わりはええけどもうちょい説明あったやろ……」というのが正直な感想でした。

バックログからジャンプなし

バックログからそのセリフのとこまで巻き戻せる機能ないの本当に不便なので、義務レベルでつけてほしい。

ただチェック入れたセリフを連続で再生できる機能には拍手。

 

 

 

作品としては今のところ今年一番でした。

 

 

 

一つ心残りなのはオナニーのプロを自負している僕が、主人公にオナニーで負けてしまったことです。

主人公の最高56発に対抗して休みなしで連続射精に挑んだのですが、6発くらい出したあたりからチンポではなく腕の疲労が半端ないことになってしまいました。

あと50発出せるように腕立て伏せとかしたいと思いました。

 

 

 

以下、新コーナー

シナリオには直接関係ない(と僕が考える)ヒロインのかわいいシーンをスクショ画像で振り返るコーナー。

今から行間を空けるので、本作プレイ予定もしくはこれを読んでやってみたくなった方はなるべく閲覧は避けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170808235750j:plain

f:id:p4seasonq:20170808235802j:plain

キスは”恋”を覚えた時に好きな人とだけしろと主人公に””命令””されたあとに、こんなことされたらトキメクしかないでしょう。

このシーンを見た僕「でぇっへへへwwwwwふひゅひww」

 

レオパレスの壁が僕のブヒリ声を遮断してくれていることを祈るばかりです。

 

f:id:p4seasonq:20170809000203j:plain

このもにゅもにゅってした口大好きなんですよね、僕。

 

 

 

 

7月発売しきっこ的オススメ・注目エロゲ(暫定版)

今まではプレイ後に感想をまとめて書いたものしか記事にしてきませんでしたが、それだと誰かと一緒に語り合う楽しみが味わえないのでは?と感じ、今月から僕が目をつけているものをまとめてみようと思いました。

僕は極力体験版はしたくないタイプなので(体験版の評判は確認しますが)、設定とか声、絵やメーカーくらいから判断しているので正確さは低いかもしれません。

詳細が気になったら、公式サイト、もしくは批評空間あたりをチェックしてみてください。

元気があれば来月分も今月のうちに書こうと思いましたが、いまのところ特別気になる作品はありません。見つかり次第書きます。

ランクはS>A>B>C

基本的に僕の中ではA以上はメーカー過去作プレイ済み、もしくはライター過去作プレイ済みでないとつけません。

プレイ済みでも裏切られる業界なので(^^;

 

景の海のアペイリア 期待度S

f:id:p4seasonq:20170715011954j:plainメーカー〇。声〇。体験版による前評判〇。絵師〇。設定〇。

僕が今月もっとも期待している作品。

設定もSF、SAOのようなMMORPG、科学。

シュタゲとSAOにドハマリしたことのある僕にはドストライクな設定なのでめっちゃ楽しみです。

声も僕が推してる秋野花と小鳥居夕花出てるので言うことなし。

絵師は数年前からTwitterフォロー済み。

メーカーの過去作クリア済み。

今月文句なしのS。

 

フユウソ-Snow World End- 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715013316p:plain

絵と設定は面白そう。夏野こおりもっと出てくれ。

Bな理由は僕がメーカー作品未プレイのため。

低価格帯らしく手が出しやすいので、発売後に批評空間で確認したいところ。

 

サクラノモリ†ドリーマーズ2 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715014110p:plain恥ずかしながら、前作未プレイで今月の発売一覧を眺めておもしろそうだと感じた作品。2も評判が良いならまとめプレイも視野に。

 

お家に帰るまでがましまろです 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715014704j:plain

僕個人はエロゲで萌え豚イラストってあんまりそそらないんですけど、可愛い絵なんであげときます。先ほどの理由で僕はメーカー未プレイですが、メーカー自体は有名なので。

グリザイアの果実

今回もエロゲ記事です。はい、グリザイアの果実

忠臣蔵とかグリザイアのように名前は知ってるけど、やったことはないタイトルをこれからもドンドンしていきたいと思います。

迷宮とかはまだプレイしてないので、後日またやりたいと思います。

 

社会人の一人暮らしって家いても何もすることないんですよね。

なので、何もすることないオタクの皆さんは僕のブログでオススメしてる作品でもプレイしてみて下さい。

f:id:p4seasonq:20170616001607j:plain

数あるゲームの中でも、本作をやろうと思った理由としては

1.アニメ化していて存在を知っていたから

2.批評空間で評価が良かったから

3.夏野こおりが出ていたから

4.同社から発売している「ISLAND」にドハマリしたから

以上です。

最近は全く聞くことの出来ない夏野こおりボイスは、やはり最高すぎて最高って感じでした。

では、早速いつもの箇条書きへ。

 

 

良いところ

・ストーリーがよい

共通はさして盛り上がるシーンはなく長めではあったが、その日常シーンを読ませるのには十分なテキストだった。

また、個別では天音ルートが非常に面白かった。主人公はたいした活躍してないけど、一姫が非常に魅力的だった。

他にもみちるルートも彼女なりの葛藤があり、なかなか驚かされた。

しかし、個別は全体的に暗いテイストなので苦手な方は少し注意。

特別面白いというイチオシポイントは天音の過去話以外にはありませんが、共通と個別でのギャップがなく、日常を飽きることなく読めたことが最後までできた理由なのだと思います。

・みちるの産毛

綺麗なものしか集まらない2次元で、あえてリアル思考に。

これはマンゲとかにも言えると思うですけど、あえてリアルにされるとめっちゃ興奮します。

だから僕はムダ毛処理の話好きなんです。

・天音がいい女すぎる

ヌイグルミにマンゲ入れるの最高すぎる。天音のマンゲ食みたい。

公式サイトの3サイズではやはり細く書かれているが、テキストでの設定では少しお肉がついているらしい。最高。

あと夏野こおりの関西弁がなかなか良い。生粋の大阪人の僕からしたら少しイントネーションが気になるが、かと言って聞いていてイライラするほど下手でもないので可愛い。

なんというか、関西弁キャラっぽくないけど地元が関西だから関西弁を話すキャラって可愛く見えちゃいます。そりゃ地元同じってだけで合コンとかでも盛り上がりますわ。

キモオタクなので合コンしたことないですけどね。

 

悪いところ

・いいところで上げた天音ルートの一姫が良すぎて、主人公が飲み込まれているように感じました。主人公の見せ場も一姫に比べると全く印象に残らないし、狂ったおっさんも微妙。狂ったおっさんに関してだけは、別に悪くはないけど過去回想が面白すぎました。

 ・由美子、天音ルート以外インパクトが薄い

由美子ルートも締めがあっけなく「え、今までの強敵をそんなサラっと?」って感じでしたが、全体通すと嫌いではありませんでした。

他のキャラたちもそれぞれ抱えてる部分を掘り下げる話でしたが、僕的にはインパクトにかけました。

 

 

 そういえば、みなさん。

天音との初えっちのときのマンゲの処理のくだりが最高に大好きだってオタクいますか?

エロゲなのに、いやエロゲだからこそ""安全日""なのか""危険日""なのかについて言及する。

そして、実際にするしないに関わらず、とりあえずゴムくんも実はしっかり存在している世界なんですよと描写する。

マンゲの他にも、この二つをテキストに混ぜこませると、素晴らしくえっちさを醸し出せると信じて疑わないオタクなので、めっちゃ良かったです。

それとエロゲヒロインの利点として、僕は""性教育が施されている"'点だと考えています。

なので、エロゲにいる天然で性行為とはなんぞや?というタイプのキャラには全く魅力を感じません。

その点、天音やマキナのキャラ的に知ってても不自然ではないキャラはもちろん由美子やみちる、幸までしっかり知っているのはしきっこポイント高いです。

 

この意見に賛成できるオタクがいたなら、あなたとはうまい酒が飲めるかも知れませんね。

 

由美子が以外にBLとか俗に言うラノベ的なのまで読んでるのも個人的に良かったです。

 

全部で三作。これらをすべてプレイしたいと感じる程度には面白かったです。