ChronoBox -クロノボックス-

今回はクロノボックスについて書きたいと思います。

本作のテーマは自罰と贖罪、そして復讐。

内容はなかなかのエログロって感じでしたので、それが苦手な人には合わないと思います。うっすらリョナ要素まであるので。

エロゲーってエッチなシーンがあるから18禁なのはみなさんもご存知だと思うのですが、本作はエッチやグロが絶対必要で18禁でないと表現できないと感じました。

 

ネタバレあると一気につまらなくなってしまうので、ネタバレなしで短くまとめました。

f:id:p4seasonq:20170606183621p:plain

 

良かった点

・CGがいい

絵がいいではなく、あえてCGと表現したのは立ち絵とイベントCGの両方が良く、立ち絵の表情の変化は特によかったからです。口元が動いたり、なかなか手が込んでいました。言われなければ気づかないとこまで、細かく描かれていました。

・最後の伏線回収が爽快だった

それまで謎すぎた点の出来事が一気に線で結ばれます。これが前回の記事に書いたカタルシスってやつなんだなと感じました。クリア後は考察サイト必読です。

・体験版すべてオリジナル

本作は体験版までやって初めて完全クリアといえます。本編では触れられなかったキャラを掘り下げられていました。

・えっちシーンがえっち

エログロなのでエッチシーンにも力が入っていました。

 

 

 

悪かった点

・最後のほうでいっきに伏線が回収され謎が解けていくので、中盤までは何が何だかよくわからないまま話が進んでいきます。これのせいで物語への引き込みが弱く、中弛みしてしまいました。批評空間で評価が高いことがわかってなかったら、いったんやめて積んでたかもしれません。

 

 

悪かったとところがあまりなく、きれいにまとまった作品だと感じました。

今年上半期ではベストな作品だったのではないでしょうか?

ニュートンと林檎の樹

どうも、しきっこです。

今回はニュートンと林檎の木について書きたいと思います。

 

悪かった点で結構重要なネタバレをしてでも書きたいことがあったため、下記の絵や僕が書いた概要的なのを読んで気になった方は悪かった点の途中でブラウザバックしてください。

悪い点のネタバレは下の方に書いて、直前に注意喚起も書いておいてので安心して悪い点も読んでください。

f:id:p4seasonq:20170529213521j:plain

本作は「ニュートンが落ちる林檎から万有引力を閃くその時に、現代から主人公たちがタイムスリップしてきちゃった!それだけじゃなくて、その時の衝撃でニュートンが発想を得るはずだった林檎の木が燃えてなくなり、ニュートン万有引力を見つけなかった世界になっちゃった」というもの。

おい、お前タイムスリップもの多くないか?と思うかもしれませんが偶然です。

そんなことは置いておいて、さっそくいつもの箇条書きを始めます。

 

 

良かった点

・絵がいい

まずゲームの第一印象である絵がいい。人間同士も第一印象が決め手なんてよく言うけれど、ゲームもそうだと思います。とても僕の好みの絵をしていました。

・声がいい

前から聞いてはいたけど、最近少しハマってしまった秋野花やエッチな声の小倉結衣が出ていてよかったです。

・設定がいい

僕、こういうの好きです。タイムスリップ系は何作もしてきたのですが、シュタゲにドハマリしたオタクなので特によく感じました。

・修一郎が良いキャラしてる

修一郎とは主人公の祖父に当たる人物で、今回の時間跳躍をした理由を作った張本人に当たります。そんな彼も若いころにタイムスリップしていて、実は主人公がタイムスリップで辿りついた時代で会っているのです。その時の修一郎を祖父としての顔と、親友としての顔を上手く描けているように思えました。

これは前から言ってますが、親友ポジや主人公以外の男キャラがただヒロインに邪険にされて、親友下げ主人公上げポジションにされるのを見ていると胸糞が悪く、そういった作品はどう足掻いても凡作以下という持論があるので、これだけでも僕は非常に評価しています。

・ムービーがいい

変わったムービーだったので、ここは好き嫌い出ると思います。

僕は結構斬新でよかったと感じました。

特にラビのは。






悪かった点

・話が短い。

70時間プレイさせろとは言いませんが、フルプライスなのだからもう少し長くしてほしかったです。

共通、個別ともに短い。

・話が軽い

シュタゲとかの科学シリーズや、僕が去年記事に書いたタイムスリップものであるISLANDに比べて読みやすかったです。が、逆に言えば物理学やタイムスリップの設定が薄かったです。

こういうタイムスリップものってのは、「過去や未来を変えたくても、結果は収束して未来を変えることなんてできない」苦悩や「過去(未来)に残るか、自分の時代に帰るか」という葛藤を見せて、最後の決断で読者にカタルシスを与えるのです。

それが薄いとそれまでが良くとも、いっきに物語全体の評価を下げざるを得ません。

 ・立ち絵鑑賞がない

イベントCGはいいのに立ち絵はあまりってパターンも少なからずありますが、本作は立ち絵も良かったのでぜひ鑑賞したかったです。

・主人公の影が薄い

主人公はあまりに四五との才能の差に挫折し、物理学から身を引いていました。これって今後の伸び代だと思っていたのですが、少し知識があるって状態から伸びずにそのまま終わりました。普通なら猛勉強なりしてヒロインの役に立つんじゃないの?って思っちゃいました。

 うまく伸び代のある設定を活かすことができてないと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万有引力を見つけたのがエミー!?

ニュートンの中の人であるアリスと、その妹に当たるエミーでプリンキピア(ニュートン著)を書いていくシーンで、主人公とエミーがバルコニーから誤って落下した際に「自分たちが落下している=月も地球に落ち続けている」という着想に至った。

これアリスが落ちて気付く流れでよくね?って思ったオタクが果たして何人いただろうか?

なぜなら、このエミー。科学者とかでは全くなく、協会の会報を読んでいただけ。しかも、サブキャラ的位置。今まで必死に勉強して努力してきた天才のアリスではなく、あえてこのキャラに発見させた意図がわかりません。

僕の中でエミーへの好感度が下がった瞬間でした。

 

 

 

もう少しシナリオを作りこめば化ける作品になれたのではないかと感じました。

話自体はそこまで悪くないですが、悪い点が印象に残り批評空間でも伸びていないのではないかと思います。

絵が可愛くて話もライトなので、エロゲ初心者や気軽に楽しみたいライトユーザーにはオススメな作品かと思いました。

 

 

本作の僕の評価は絵、声、ムービーや設定が好みだったので少し加点して及第点の75点です。

 

ChuSingura46+1 武士の鼓動

どうも、しきっこです。

今回は前回書いた忠臣蔵のFDにあたる作品について書きたいと思います。

極力避けますが、FDなので前作のネタバレも少し含まれます。

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170529144603j:plain

本作は前作のラスボス決戦直前の空白の期間についてのお話です。

この空白の期間にみなさん、名前くらいは聞いたことのある新選組とのお話があったのです。

それと前作の主税編のときに出てきた新八√、十太夫の裏話が収録されています。

 

では早速、良かった点悪かった点を書き出したいと思います。

 

・良かった点

1.締め方が良かった。

所謂こういうタイムスリップものって、未だ人類が成しえていないことだからこそありふれた設定であっても決して納得できない部分ってのが出てくると思うんです。しかし、本作は比較的簡単に、気持ちよく終わらせていたので読み手としてもスッキリして終われました。

2.新八かわいい

あんなエッチな見た目してるのに声が小倉結衣なんて、股間に大反響しまくりでしょ……。全体的に声は良かったのですが、新八役の小倉結衣と内蔵助役の有栖川みや美が特に良かったです。

 

・悪かった点

1.短かった

無印全クリ時のプレイ時間が70時間余裕で超えていたので、余計にそう感じただけかもしれないが働きながらも数日で終わってしまいました。

2.まぐわいすぎ

FDだから大盤振る舞いしたのか、赤穂の同志全員とセックスするのは純情オタクの僕はあまりよく感じませんでした。どうせなら新選組ともしてくれって感じだ。

3.動物姦がくどい

そのまま、すこしクドい。

 

 

 

史実全く知らなかったけど楽しめたので、これと前の記事を読んでみて興味が出た方はぜひやってみてください。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1

はい、どうもしきっこです。

今回は社会人エロゲレビュー一発目です。

そんな今回はこちら。

f:id:p4seasonq:20170522015951j:plain

忠臣蔵46+1です。

本作は非常に面白く、社会人になってから働いて食って寝ての生活しかしてなかったというのにもかかわらず、20日ほどかけてクリアしました。

学生時代ほどエロゲに一日中やることがなくなったのもそうですが、全クリ時のプレイ時間が70時間を超えていたので単純に長かったんだと思います。

批評空間の88点というのもうなずけます。

昔どんな形式で書いていったか忘れたので、この辺でいいところ悪いところを箇条書きで書いていきたいと思います。

 

良いところ

・仇討ちという史実の結果をうまく扱いつつ、過程を面白く構成できていた。

・主人公の作中での強さが弱すぎず強すぎず、強くなっていく過程も含めバランスよく感じた。

・歴史上の出来事などでは別の説を唱えられることもしばしばあるが、忠臣蔵のある説も少し納得がいかない部分もあったが一応作中で追及していくシーンがあった。(ネタバレになるのでボカしています)

 

悪いところ

・一番最後のシーンまではあまり気にならなかったが、最後のシーンは特に戦闘テキストが単調に感じ、盛り上がりに欠けた。

・話としては大切だが、右衛門七√も混ぜてしまったため邪魔に感じた。

・ボスのとある動機がショボく感じた。

 

FDもあるらしいので、そっちもしていきたいと思います。

今回は短いですが、この辺で失礼します(^^)/

しきっこ式彼女の作り方

セーブ&ロード。
このやり方で彼女とデートしてきました。
f:id:p4seasonq:20170504234536j:image

裏・表声優なんでもランキング vol.1


みなさんは声優が好きですか?
僕は大好きです。
それは見た目だったり、声だったり演技だったりetc……。
声優の中でも、どこか特筆して好きな人がたくさんがいます。
今回は声を除いた完全に見た目だけランキング、声だけランキングをしたいと思いました。
ぶっちゃけ甲乙つけ難いので、その時の気分とかいろいろ左右されます。


表声優 見た目だけランキング
f:id:p4seasonq:20170503015935j:image
動画の方がかわいい。
あと関智一にセクハラされた時のヤツめっちゃシコれるし可愛かった。
水着写真集出た時にシコり倒した経歴あり。

f:id:p4seasonq:20170503020204j:image
まぁ、王道だよね。
ブログに上げてる写真を使って、""汚してしまった""時の背徳感はなかなか。
歳が近いのもグッド。
雑誌にゆいかおりで水着で出てたヤツのお尻最高すぎて最高やないか?

f:id:p4seasonq:20170503020706j:image
おっぱいは正義。
おっぱいあるのに今の時代でも頑なに脱がない。
抜いて欲しい……いや、脱いで欲しい気持ち半分、オタクを嘲笑うかのごとく脱がないで欲しい気持ち半分。
複雑の恋心った感じだ。

表声優 声だけランキング
下ネタをこの声で言われたらチンポにビビッと来る他ない。
ずっちに下ネタで恥ずかしいさせられて照れる、そんな人生もあったのだろうか?

見た目もいいけど、声の方が勃起するからこっちにランクインさせました。
落ち着いた声質の時はセクハラしたいし、アクアみたいな声は素直に股間に響く。セックス。

脳みそが溶かされたオタク。
みくにゃんでドハマリしたんだけど、最高すぎない?
それからというもの、今日に至るまで一日に一回は欠かさず聞いている声。
じゃないとニコチン切れたヘビースモーカーみたいになっちゃう。



裏声優 声だけランキング
最近はあまり見なくなってしまったので悲しすぎる。
僕がやってるゲームでもそれっぽいの聞こえないし、別名義とかでやってるってわけでもなさそう。
教えてくれるオタク募集り

2位 遥そら
えっちの時の演技がえっちなので好き(小並感)。
声買いレベルなんだけど今年はあまり作品に出てない気がするので、それだけが気がかり。

1位 小鳥居夕花
この人もわりと声買いしたい人。今年もそこそこ出てるし、僕的に今年のゆずソフトセンターヒロイン役は人気や傾向からこの人とみてる。
声だけで勃起するし、これから生きるのが楽しみだ。


【Shadowverse】ミッドレンジ(ヘクター)ネクロ 三種類 master

どうも、しきっこです。
少し記事書くのが遅かったかも知れませんが、流行りのヘクターネクロについて書きたいと思います。
そして、なんと今回は僕がその時のマッチング数で使い分けてる三種類の配分を公開します。
f:id:p4seasonq:20170416210902p:image
f:id:p4seasonq:20170416210906p:image
f:id:p4seasonq:20170416210909p:image

それぞれ一枚目から三枚目まで、アグロ寄りからミッドレンジ寄りと少しバランスを変えてます。

一枚目のアグロ寄りはアグロで動きつつ、壁や大きなフォロワー(主にドラゴン)を不死者にソルコンして突破していく感じになってます。

二枚目のやつが現在主に使っているもので、オルトロス進化でミラーにおいて複数枚処理できるのが便利です。
顔へのダメージも期待できます。

三枚目はネクロエレメンタラーでネクロのトークンを一網打尽に処理しつつ、ミラーに対して試合を長引かせて勝利するデッキになってます。

他にも微調整する余地はあり、非常に面白いデッキだと思います。