景の海のアペイリア

どうも、しきっこです。

今回は前回の記事で取り上げた景の海のアペイリアのレビューです。

前回記事は下記リンクより。

 

 

4season.hatenablog.com

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170804190950j:image

 

本作は自我を持った人工知能を開発した主人公が危険なVRMMOにログインするというお話。

上記の記事にも書いた通り、僕はこの手の設定は大好物です。

では早速いいところと悪いところを書いていきたいと思います。

 

良いところ

・絵がいい

前からTwitterでフォローしていたいつい氏なので文句なし。

・ストーリーがいい

ここのメーカーをプレイするのは三作目だが、毎回満足させてくれるストーリーです。今回も非常にうまく構成されていたと感じました。

きれいに伏線回収しており、読んでいて疑問に感じる点はありませんでした。

また、敵とのバトルも面白かったです。

というのも、おそらく僕が読んでいた限りバカな行動をして””ご都合””に任せるだけの作戦や、足手まといなバカがおらず、戦闘をより緊張感のあるものになっていた。

中でも、シンカーという敵キャラは最後まで好感が持てました。

秋野花すこだ……w

アペイリア「不公平はネガティブです。アペイリアはオーナーと""おんなじ""がいいです」

このセリフの""おんなじ"'という言い回しに注目していただきたい。ある程度成熟した人間や機械であるAIならば""同じ(おなじ)""と言いますが、この一言の中にはアペイリアの自我や感情、そして年相応の幼い可愛さを凝縮されており最高。

ちなみに僕はロリコンではありません。

秋野花マジねもうす。

 

・えっちだ……w

毎回ここのメーカーはエッチシーンには力を入れているのだが、今回は少しポイントが違う。

もちろんエッチシーンはエッチなのだが、僕が最も評価したいところがHボイス。

と言っても、立体音響なわけではない。本作が素晴らしかった点は、主人公が思っていることなどを垂れ流す地の文やセリフの時に「あんっ……ん、はぁ……あんっ」と単調に流れるあの声だ。本作は普通のセリフと同じようなのが流れており、かなり複雑なセリフが流れる。3Pが何個かあり、その場合は一人の女の子のセリフが流れている時にもう一人の女の子のセリフも同時に流れる。僕はひどく感動してしまいました。(射精もしてしまいました。)

・主人公の能力が斬新かつおもしろい

主人公のMMO内での能力は「勃起・射精」なんですけど、これが予想以上におもしろかった。シリアスな場面や熱い戦闘シーンでも全く下ネタが気にならなかったです。

女性の方はわからないこともあるかもしれませんが、男性特有の生理現象をうまく活かしていると関心すらしました。

 

 

悪いところ

・ラストが弱い

終わり方には文句ないのですが、もっと長くしっかり終わらせたほうがよかったのでは?と感じた。ネタバレになるので深く内容については書きませんが、「ここからどうやって閉める?」とワクワクしながらオートで進めていたら、場面が切り替わった瞬間に平和な日常へと切り替わっていました。「いや、終わりはええけどもうちょい説明あったやろ……」というのが正直な感想でした。

バックログからジャンプなし

バックログからそのセリフのとこまで巻き戻せる機能ないの本当に不便なので、義務レベルでつけてほしい。

ただチェック入れたセリフを連続で再生できる機能には拍手。

 

 

 

作品としては今のところ今年一番でした。

 

 

 

一つ心残りなのはオナニーのプロを自負している僕が、主人公にオナニーで負けてしまったことです。

主人公の最高56発に対抗して休みなしで連続射精に挑んだのですが、6発くらい出したあたりからチンポではなく腕の疲労が半端ないことになってしまいました。

あと50発出せるように腕立て伏せとかしたいと思いました。

 

 

 

以下、新コーナー

シナリオには直接関係ない(と僕が考える)ヒロインのかわいいシーンをスクショ画像で振り返るコーナー。

今から行間を空けるので、本作プレイ予定もしくはこれを読んでやってみたくなった方はなるべく閲覧は避けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:p4seasonq:20170808235750j:plain

f:id:p4seasonq:20170808235802j:plain

キスは”恋”を覚えた時に好きな人とだけしろと主人公に””命令””されたあとに、こんなことされたらトキメクしかないでしょう。

このシーンを見た僕「でぇっへへへwwwwwふひゅひww」

 

レオパレスの壁が僕のブヒリ声を遮断してくれていることを祈るばかりです。

 

f:id:p4seasonq:20170809000203j:plain

このもにゅもにゅってした口大好きなんですよね、僕。

 

 

 

 

7月発売しきっこ的オススメ・注目エロゲ(暫定版)

今まではプレイ後に感想をまとめて書いたものしか記事にしてきませんでしたが、それだと誰かと一緒に語り合う楽しみが味わえないのでは?と感じ、今月から僕が目をつけているものをまとめてみようと思いました。

僕は極力体験版はしたくないタイプなので(体験版の評判は確認しますが)、設定とか声、絵やメーカーくらいから判断しているので正確さは低いかもしれません。

詳細が気になったら、公式サイト、もしくは批評空間あたりをチェックしてみてください。

元気があれば来月分も今月のうちに書こうと思いましたが、いまのところ特別気になる作品はありません。見つかり次第書きます。

ランクはS>A>B>C

基本的に僕の中ではA以上はメーカー過去作プレイ済み、もしくはライター過去作プレイ済みでないとつけません。

プレイ済みでも裏切られる業界なので(^^;

 

景の海のアペイリア 期待度S

f:id:p4seasonq:20170715011954j:plainメーカー〇。声〇。体験版による前評判〇。絵師〇。設定〇。

僕が今月もっとも期待している作品。

設定もSF、SAOのようなMMORPG、科学。

シュタゲとSAOにドハマリしたことのある僕にはドストライクな設定なのでめっちゃ楽しみです。

声も僕が推してる秋野花と小鳥居夕花出てるので言うことなし。

絵師は数年前からTwitterフォロー済み。

メーカーの過去作クリア済み。

今月文句なしのS。

 

フユウソ-Snow World End- 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715013316p:plain

絵と設定は面白そう。夏野こおりもっと出てくれ。

Bな理由は僕がメーカー作品未プレイのため。

低価格帯らしく手が出しやすいので、発売後に批評空間で確認したいところ。

 

サクラノモリ†ドリーマーズ2 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715014110p:plain恥ずかしながら、前作未プレイで今月の発売一覧を眺めておもしろそうだと感じた作品。2も評判が良いならまとめプレイも視野に。

 

お家に帰るまでがましまろです 期待度B

f:id:p4seasonq:20170715014704j:plain

僕個人はエロゲで萌え豚イラストってあんまりそそらないんですけど、可愛い絵なんであげときます。先ほどの理由で僕はメーカー未プレイですが、メーカー自体は有名なので。

グリザイアの果実

今回もエロゲ記事です。はい、グリザイアの果実

忠臣蔵とかグリザイアのように名前は知ってるけど、やったことはないタイトルをこれからもドンドンしていきたいと思います。

迷宮とかはまだプレイしてないので、後日またやりたいと思います。

 

社会人の一人暮らしって家いても何もすることないんですよね。

なので、何もすることないオタクの皆さんは僕のブログでオススメしてる作品でもプレイしてみて下さい。

f:id:p4seasonq:20170616001607j:plain

数あるゲームの中でも、本作をやろうと思った理由としては

1.アニメ化していて存在を知っていたから

2.批評空間で評価が良かったから

3.夏野こおりが出ていたから

4.同社から発売している「ISLAND」にドハマリしたから

以上です。

最近は全く聞くことの出来ない夏野こおりボイスは、やはり最高すぎて最高って感じでした。

では、早速いつもの箇条書きへ。

 

 

良いところ

・ストーリーがよい

共通はさして盛り上がるシーンはなく長めではあったが、その日常シーンを読ませるのには十分なテキストだった。

また、個別では天音ルートが非常に面白かった。主人公はたいした活躍してないけど、一姫が非常に魅力的だった。

他にもみちるルートも彼女なりの葛藤があり、なかなか驚かされた。

しかし、個別は全体的に暗いテイストなので苦手な方は少し注意。

特別面白いというイチオシポイントは天音の過去話以外にはありませんが、共通と個別でのギャップがなく、日常を飽きることなく読めたことが最後までできた理由なのだと思います。

・みちるの産毛

綺麗なものしか集まらない2次元で、あえてリアル思考に。

これはマンゲとかにも言えると思うですけど、あえてリアルにされるとめっちゃ興奮します。

だから僕はムダ毛処理の話好きなんです。

・天音がいい女すぎる

ヌイグルミにマンゲ入れるの最高すぎる。天音のマンゲ食みたい。

公式サイトの3サイズではやはり細く書かれているが、テキストでの設定では少しお肉がついているらしい。最高。

あと夏野こおりの関西弁がなかなか良い。生粋の大阪人の僕からしたら少しイントネーションが気になるが、かと言って聞いていてイライラするほど下手でもないので可愛い。

なんというか、関西弁キャラっぽくないけど地元が関西だから関西弁を話すキャラって可愛く見えちゃいます。そりゃ地元同じってだけで合コンとかでも盛り上がりますわ。

キモオタクなので合コンしたことないですけどね。

 

悪いところ

・いいところで上げた天音ルートの一姫が良すぎて、主人公が飲み込まれているように感じました。主人公の見せ場も一姫に比べると全く印象に残らないし、狂ったおっさんも微妙。狂ったおっさんに関してだけは、別に悪くはないけど過去回想が面白すぎました。

 ・由美子、天音ルート以外インパクトが薄い

由美子ルートも締めがあっけなく「え、今までの強敵をそんなサラっと?」って感じでしたが、全体通すと嫌いではありませんでした。

他のキャラたちもそれぞれ抱えてる部分を掘り下げる話でしたが、僕的にはインパクトにかけました。

 

 

 そういえば、みなさん。

天音との初えっちのときのマンゲの処理のくだりが最高に大好きだってオタクいますか?

エロゲなのに、いやエロゲだからこそ""安全日""なのか""危険日""なのかについて言及する。

そして、実際にするしないに関わらず、とりあえずゴムくんも実はしっかり存在している世界なんですよと描写する。

マンゲの他にも、この二つをテキストに混ぜこませると、素晴らしくえっちさを醸し出せると信じて疑わないオタクなので、めっちゃ良かったです。

それとエロゲヒロインの利点として、僕は""性教育が施されている"'点だと考えています。

なので、エロゲにいる天然で性行為とはなんぞや?というタイプのキャラには全く魅力を感じません。

その点、天音やマキナのキャラ的に知ってても不自然ではないキャラはもちろん由美子やみちる、幸までしっかり知っているのはしきっこポイント高いです。

 

この意見に賛成できるオタクがいたなら、あなたとはうまい酒が飲めるかも知れませんね。

 

由美子が以外にBLとか俗に言うラノベ的なのまで読んでるのも個人的に良かったです。

 

全部で三作。これらをすべてプレイしたいと感じる程度には面白かったです。

【Shadowverse】ミッドレンジヴァンプ【master】

f:id:p4seasonq:20170702025112p:image
早いデッキが増えてビショで勝ちにくくなったので、こちらも早いデッキを組みたいと思い、早い中でもパワーがヴァンプに目をつけた。

バフォでのサーチは昏き底より出でる者確定サーチ。
自由枠は黙示。
六ターン目までにはある程度相手の顔を殴るよう立ち回る。
バフォを五ターン目までに全力で引きに行く。


【Shadowverse】ニュートラルビショップ デッキ【master】

みなさん、勝ててますか?

僕はなかなか勝ててません。

タイトルにもあるビショをいろいろ弄っていて、少しいい感じのができたのでアクセス稼ぎメモも兼ねて書きたいと思います。

f:id:p4seasonq:20170629215953p:plain

 

相談枠はダークジャンヌ、グリームニルです。

ウリエルは獅子だけしか握れないのがムカついたので入れました。

スノーホワイトは相手の先攻グリムを返せるため入れました。

 

入れ替え候補として、横並びデッキが増えたためテミス。

あとは思い浮かびません。

 

改善案募集中。



追記

相談枠二つをテミス2に変えました。

ChronoBox -クロノボックス-

今回はクロノボックスについて書きたいと思います。

本作のテーマは自罰と贖罪、そして復讐。

内容はなかなかのエログロって感じでしたので、それが苦手な人には合わないと思います。うっすらリョナ要素まであるので。

エロゲーってエッチなシーンがあるから18禁なのはみなさんもご存知だと思うのですが、本作はエッチやグロが絶対必要で18禁でないと表現できないと感じました。

 

ネタバレあると一気につまらなくなってしまうので、ネタバレなしで短くまとめました。

f:id:p4seasonq:20170606183621p:plain

 

良かった点

・CGがいい

絵がいいではなく、あえてCGと表現したのは立ち絵とイベントCGの両方が良く、立ち絵の表情の変化は特によかったからです。口元が動いたり、なかなか手が込んでいました。言われなければ気づかないとこまで、細かく描かれていました。

・最後の伏線回収が爽快だった

それまで謎すぎた点の出来事が一気に線で結ばれます。これが前回の記事に書いたカタルシスってやつなんだなと感じました。クリア後は考察サイト必読です。

・体験版すべてオリジナル

本作は体験版までやって初めて完全クリアといえます。本編では触れられなかったキャラを掘り下げられていました。

・えっちシーンがえっち

エログロなのでエッチシーンにも力が入っていました。

 

 

 

悪かった点

・最後のほうでいっきに伏線が回収され謎が解けていくので、中盤までは何が何だかよくわからないまま話が進んでいきます。これのせいで物語への引き込みが弱く、中弛みしてしまいました。批評空間で評価が高いことがわかってなかったら、いったんやめて積んでたかもしれません。

 

 

悪かったとところがあまりなく、きれいにまとまった作品だと感じました。

今年上半期ではベストな作品だったのではないでしょうか?

ニュートンと林檎の樹

どうも、しきっこです。

今回はニュートンと林檎の木について書きたいと思います。

 

悪かった点で結構重要なネタバレをしてでも書きたいことがあったため、下記の絵や僕が書いた概要的なのを読んで気になった方は悪かった点の途中でブラウザバックしてください。

悪い点のネタバレは下の方に書いて、直前に注意喚起も書いておいてので安心して悪い点も読んでください。

f:id:p4seasonq:20170529213521j:plain

本作は「ニュートンが落ちる林檎から万有引力を閃くその時に、現代から主人公たちがタイムスリップしてきちゃった!それだけじゃなくて、その時の衝撃でニュートンが発想を得るはずだった林檎の木が燃えてなくなり、ニュートン万有引力を見つけなかった世界になっちゃった」というもの。

おい、お前タイムスリップもの多くないか?と思うかもしれませんが偶然です。

そんなことは置いておいて、さっそくいつもの箇条書きを始めます。

 

 

良かった点

・絵がいい

まずゲームの第一印象である絵がいい。人間同士も第一印象が決め手なんてよく言うけれど、ゲームもそうだと思います。とても僕の好みの絵をしていました。

・声がいい

前から聞いてはいたけど、最近少しハマってしまった秋野花やエッチな声の小倉結衣が出ていてよかったです。

・設定がいい

僕、こういうの好きです。タイムスリップ系は何作もしてきたのですが、シュタゲにドハマリしたオタクなので特によく感じました。

・修一郎が良いキャラしてる

修一郎とは主人公の祖父に当たる人物で、今回の時間跳躍をした理由を作った張本人に当たります。そんな彼も若いころにタイムスリップしていて、実は主人公がタイムスリップで辿りついた時代で会っているのです。その時の修一郎を祖父としての顔と、親友としての顔を上手く描けているように思えました。

これは前から言ってますが、親友ポジや主人公以外の男キャラがただヒロインに邪険にされて、親友下げ主人公上げポジションにされるのを見ていると胸糞が悪く、そういった作品はどう足掻いても凡作以下という持論があるので、これだけでも僕は非常に評価しています。

・ムービーがいい

変わったムービーだったので、ここは好き嫌い出ると思います。

僕は結構斬新でよかったと感じました。

特にラビのは。






悪かった点

・話が短い。

70時間プレイさせろとは言いませんが、フルプライスなのだからもう少し長くしてほしかったです。

共通、個別ともに短い。

・話が軽い

シュタゲとかの科学シリーズや、僕が去年記事に書いたタイムスリップものであるISLANDに比べて読みやすかったです。が、逆に言えば物理学やタイムスリップの設定が薄かったです。

こういうタイムスリップものってのは、「過去や未来を変えたくても、結果は収束して未来を変えることなんてできない」苦悩や「過去(未来)に残るか、自分の時代に帰るか」という葛藤を見せて、最後の決断で読者にカタルシスを与えるのです。

それが薄いとそれまでが良くとも、いっきに物語全体の評価を下げざるを得ません。

 ・立ち絵鑑賞がない

イベントCGはいいのに立ち絵はあまりってパターンも少なからずありますが、本作は立ち絵も良かったのでぜひ鑑賞したかったです。

・主人公の影が薄い

主人公はあまりに四五との才能の差に挫折し、物理学から身を引いていました。これって今後の伸び代だと思っていたのですが、少し知識があるって状態から伸びずにそのまま終わりました。普通なら猛勉強なりしてヒロインの役に立つんじゃないの?って思っちゃいました。

 うまく伸び代のある設定を活かすことができてないと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万有引力を見つけたのがエミー!?

ニュートンの中の人であるアリスと、その妹に当たるエミーでプリンキピア(ニュートン著)を書いていくシーンで、主人公とエミーがバルコニーから誤って落下した際に「自分たちが落下している=月も地球に落ち続けている」という着想に至った。

これアリスが落ちて気付く流れでよくね?って思ったオタクが果たして何人いただろうか?

なぜなら、このエミー。科学者とかでは全くなく、協会の会報を読んでいただけ。しかも、サブキャラ的位置。今まで必死に勉強して努力してきた天才のアリスではなく、あえてこのキャラに発見させた意図がわかりません。

僕の中でエミーへの好感度が下がった瞬間でした。

 

 

 

もう少しシナリオを作りこめば化ける作品になれたのではないかと感じました。

話自体はそこまで悪くないですが、悪い点が印象に残り批評空間でも伸びていないのではないかと思います。

絵が可愛くて話もライトなので、エロゲ初心者や気軽に楽しみたいライトユーザーにはオススメな作品かと思いました。

 

 

本作の僕の評価は絵、声、ムービーや設定が好みだったので少し加点して及第点の75点です。